スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてスマホから投稿

いままでやったことなかったけど、はじめてスマホから投稿してみます。

これでいいのかな?

スポンサーサイト

爆走3000キロ キャンピングカーでイエローストーンへレッツラゴー(Part4)の巻

間欠泉だ~、温泉だ~と浮かれる前に、

イエローストーン国立公園は、「火山」です。

以下、ナショナル・ジオグラフィックの特集
「超巨大火山 イエローストーン」から引用しました。

1870年8月29日、米国陸軍少尉だったグスタフ・ドーンは、
西部地方を探検中にウォッシュバーン山の山頂に立った。
 そして、南の方角を見渡したとき、あることに気づいた。
ほかの方角はすべてロッキー山脈の山並みが迫っていたが、
南側だけは森林に覆われた広大な窪地が数キロにわたって続き、
その先に山がそびえていたのだ。ドーンはそうした地形が
できた理由を考え、次のように書き記した。
「この広大な窪地は、現在は死火山となっている火山の噴火口だ」
 ドーン少尉は正しかった。イエローストーンは火山なのだ。
それも並大抵の火山ではない。米国で最も古い歴史をもち、
最も有名なこの国立公園は、地上最大級の火山の真上に
位置している。だがドーンの説は、ある点で決定的に間違っていた。
イエローストーンは死火山などではなく、今も活発に活動しているのだ。

こえ~。

11222016-a.png

↓興味のある方は、こちらから続きが読めます↓
   特集 : 超巨大火山 イエローストーン

で、そんなところへ観光に行ったわけで、当然どこに行っても
こうしてもうもうと湯気が上がっているのですが、
11212016-5.png



危ないから立ち入るなという立て札が飽きるほどあちこちに
立てられているのにもかかわらず
11212016-6.png
こういうのを見ると、いい湯加減に見えて、ついつい足を踏み入れて
しまうんですかねぇ。
はまって亡くなるアホな人が後をたちません。
いったんはまってしまうと、救助するほうも危険なので、遺体はそのまま
お湯の中に放置だそうで。怖いですね。


イエローストーンといえば、オールド・フェイスフル・ガイザーの間欠泉が
一番有名。ほぼ規則的に噴出してくれるので、30分も待っていれば
見られるのです。私たちも近くにはいかず、ベンチに腰掛けて
お弁当をぱくつきながら待っていました。
11212016-3.png


すぐそばにある築100年以上のオールド・フェイスフル・インは
キング オブ ログハウスともいえる圧巻のログ造り。
11212016-8.png
大型クレーンなんかもない時代に、こんなヘンピなところにこれだけの
ものを作るのはさぞかし大変だっただろうと感心するばかりです。


イエローストーンの写真によくでてくる、道路際までバッファローがうろうろ
出てくるような場面には遭遇しませんでしたが、
11212016-2.png
道端で草を食んでいるバファローに無謀にも近づく婆さんが。
(身内です。)


鍾乳洞をテーブルにしたようなのや
11212016-7.png


イエローストーンのグランドキャニオン
11212016-1.png
も見ごたえがありました。


行ってから2年近く経って書いているので、細かいとこ忘れてるし。

今年は懲りずに、同じメンツで愛車シビックを駆って、カリフォルニアまで
ドライブします。
もちろん、ミニーもいっしょ。
11212016-11.png




新しくできたアウトレット・モールにお出かけ の巻

11222016-1.png
イエローストーン・ルポの途中ですが、隣町に新しくできた
アウトレット・モールに行ってきました。



約200店舗が入った完全屋内型モールで、それを取り囲むように
ウォルマート、カナディアン・タイヤ、Petsmart、Ronaなどの大型店舗が
立ち並んでいます。


モールの中を一通り流したあと、噂に聞いていた
Bass Pro Shopを覗いてみました。

11222016-2.png


猟、釣り道具を中心に、よくもまぁこれだけアウトドア用品を
充実させられるわね、というくらい、でかくて充実した店構え。


うちの婿殿は(男性陣はみんなそう思うでしょう)
一日いても飽きないと申しておりました。


入り口にいきなりズラリと掛けられた鹿の首(本物です。)

11222016-3.png


私は個人的に趣味じゃないけど。

天井もアーケードになっていて、趣向を凝らしています。

11222016-4.png

11222016-5.png



極めつけ、ドンつきにはでかい水槽。

11222016-6.png



いろいろな鮭科の魚が優雅に泳いでいます。

お腹の下のほうが赤いのが○○で、しっぽの太いのが××で、
真ん中が赤いのが△△で、と

婿殿が横でウンチクたれておったが、
わたしゃ単純に食べてなんぼ、です。はい。
もうかれこれ15回くらい聞いたけど、いまだに
どれがどれだか、よくわかりませぬ。



猟銃もこのとおり、ずら~り並んでいます。

11222016-7.png


釣り用品コーナーだけで、スーパーマーケットくらいの広さ。

11222016-8.png

11222016-9.png
(バスの形の郵便ポスト)



子供も、大人も楽しめるアウトドアの店。

11222016-10.png

11222016-11.png
買いませんよ。


結局、お店の雰囲気にすっかり魅せられて

釣竿2本をゲットして帰路についたPurdyと婿殿でした。

11222016-12.png


おわり


東北でまた大きな地震があったようですね。

スーパームーンの時期になると、いつもどこかで大きな地震が
起きているような...
今回も、スーパームーンのニュースを聞いて間もなく
ニュージーランドで地震があったので、日本は大丈夫かな
と思っていた矢先でした。

皆さんのご無事をお祈りしています。


よろしければ、お好きなほうに1ポチ、お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

爆走3000キロ キャンピングカーでイエローストーンへレッツラゴー(Part3)の巻

2泊目は、国道沿いの川を渡った、こんなところでした。

11202016-5.png


飾り気のないRVパークだけど、不自由はありませんでした。
景色もよかったし。

いきなり木彫りの熊いたし。

11202016-3.png


モンタナ州あちこちで木彫りの熊(with鮭)見かけたけど、
北海道ですか?ここは。

お土産やさんで、旅の記念に、ってつい買いそうになったけど、
勝手帰ったら3日以内に忘れ去られるもの3位以内に入るでしょう。

11202016-4.png




ちなみに、うちには爺婆がメキシコ旅行で買ってきた
セニョールとセニョリータがいます。

11202016-1.png


マジックで乱暴に手書きで書かれた「MEXICO]の文字が
素晴らしく「メキシコ」のお土産っぽい...



しかも、私が一応わざわざ「日本」のテーマで揃えた本棚の
空きスペースの一番上に置くし。

11202016-2.png


もとい

朝食と、ミニーの長いお散歩を済ませて、今日はやっと
目的地ウェスト・イエローストーンに向かいます。

途中Bozeman(ボーズマン) 
11202016-10.png
呼びましたか?


 というところで 温泉に寄りました。

11202016-6.png


室内プールと屋外プールがあって、清潔で、サウナもあって

11202016-7.png


11202016-11.png


夜はイルミネーションもあり
11202016-12.png


たいへん気に入ったので、帰る途中で、温泉に隣接するRVパークに
1泊することにしました。

11202016-9.png
ミニーちゃんは、温泉に入れないので、RVでお留守番でした。


長くなったので、イエローストーンは次回にします。
おわり

爆走3000キロ キャンピングカーでイエローストーンへレッツラゴー(Part2)の巻

1泊目は、ワシントン州国道沿いのCle Elumという小さい町のゴルフ場。

11162016-2.png


RVパークに到着してから、することがいくつかあります。



まずチェックインですが、小さい個人経営のところだと、
キャッシュを渡して、停める場所を教えてもらうだけ。

予約する際にオンラインで前払いできる大きいパークだと、
施設の案内やWifiのパスワードをもらったりします。

この日のサイトは前払いしてあったので、到着が遅くなることを
電話で伝えておきました。



自分のサイトにつくと、電気、水道、テレビの接続をします。接続しなくても、

温度調節や冷蔵庫、コンロなどはプロパンでまかなえるし、
付属のタンクに水がたぷ~り入っているので1晩くらいは問題ありませんが、
コンセントが使えないのでちょっと不便。

初日、暗闇の中懐中電灯で照らしながら、婿殿ががんばって
接続しました。(初めてなのに...)

出発2週間くらい前から、Youtubeで(婿殿が)一生懸命
RVの勉強してた甲斐があったようです。



次の日の朝、ぞろぞろと集まるゴルフ客を横目に、次の宿泊地に
向かって出発。本日の移動距離は656キロ!


することないから、寝てるわ。
11162016-1.png




ワシントン州って、結構でっかいのよね~。バンクーバーから南下して、
東に向かうと丸一日走ってもまだ州境にたどり着きません。

11162016-3a.png


そのお隣のアイダホ州、北のほうは細いんです。

11162016-4.png


2日目は、ワシントン、アイダホ、モンタナと3州をまたいでドライブ。

途中で、こんなところを通過しました。

11162016-5.png


コロンビア川を渡って少し上がったところにある、

その名も、Wild Horse Monument (野生馬の碑)

11162016-6.png


たぶん知らなかったら、そのまま通りすぎていたと思います。

ルートを下調べしているときに、たまたま見つけて、
おもしろそうなので是非寄ってみたかった所。

遠くから見ると、本当の野生馬の群れに見えますが、
近づいてみるとこんな感じです。

11162016-7.png


高台にあるので、景色はいいんですが風の強いところでねぇ。
このミニーを見ていただくとわかってもらえると思いますが。

11162016-8.png




風見鶏ならぬ風見犬ミニー!

11162016-9.png


と、寄り道なんぞしていたので、この日も着いたのは
とっぷり日が暮れてからでした...


続く
プロフィール

Purdy

Author:Purdy
カナダの西海岸、バンクーバー近郊に住むミニチュア・シュナウザー、ミニーの日記を代筆します

最新記事
TOEICボキャドリル

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。